05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ヒールベルトの色見本請求につきまして 

ヒールベルトの色見本請求の際に注文画面に進むと発送方法の選択で
宅急便と定形外郵便の選択肢が出て、支払方法では銀行振り込みと
郵便振替の選択肢が出ますが、どちらを選んで頂いても構いません。

ただ、発送方法でどちらを選んでも「ミニレター(郵便書簡)」での発送に
なっておりますのであらかじめご了承ください。




category: primp関連

thread: お知らせ

janre: その他

Posted on 2017/05/23 Tue. 20:53  edit  |  tb: --  cm: -- 

新アイテム試作開始 

まだ試作段階ですが新しくアイテム製作開始しました。
今回のアイテムは「エプロン」です。(商品名称は未定)

物としてはありふれたアイテムですが、仕様を工夫してます。

縫製やパターンは難しいものではない代わりに素材選びが非常に重要。


暖かい季節になり動くのが億劫ではなくなってきたので
出来るだけバリバリ製作していきたいと思ってます。


category: primp関連

thread: 制作日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2017/05/10 Wed. 17:30  edit  |  tb: --  cm: -- 

多用途クッション製作裏話 

hiji_item29.png
多用途クッションが何故このような形になったのか。
多用途と言っていますが、元々は肘クッションとして作ろうとしていました。

普通にクッションを肘に敷いただけでは重さでクッションが潰れて薄く硬くなるので
結局硬い物に肘を乗せているのと変わりない事に気づき、何かしら肘が痛くならない
クッションを作れないものかと考案開始。

そこでまずヒントになったのは「ドーナツクッション」です。
痔を患ってる方がよく使う円座クッションが第一ヒントになりました。

「患部を直接触れないようにする」

この事を念頭に置いて最初に試作したものは非常にお粗末な結果に。
①試作1段階目
多用途クッション試作2
小さく厚みが無いので普通に肘がついて痛い。
また普通のクッションと違い、パンパンとまで行かないけど結構
綿を詰めるので最後に綺麗に閉じられない。


②試作2段階目
多用途クッション試作3
大きくしてみたけど肘を受け止めるどころか
華麗にスルーする程ドーナツ穴の径も大きくなり失敗。


③試作3段階目
多用途クッション試作6
形状はほぼ商品と同じになるが素材(生地)でNG連発。
様々な素材を試すもどの生地も夏場に素肌で使用する事を考えると摩擦面で却下。
最終的にマイクロフリースに決定。
(ただし一口にフリースといっても様々な生地があり、すんなり今の生地に
行き当たった訳ではありません。)


代表的な変化だけ挙げたので実際はトータルで15個くらい試作しました。


あとは中に詰める綿の問題がありました。
当初は本製作では手芸店で売られている普通の綿を使用するつもりでおり
コストを抑えるために試作品には代用として100均の綿を使用していました。
多用途クッション試作7
ところが!!
これまたコストを抑えるために新たに試作品を作る際に
没になった試作品の綿を再利用するため取り出したところ
詰める前はフワフワだった綿がガッチリ縮こまってしまっていました。

これだとクッションのへたりが懸念されます。
へたる事自体は避けられないし多少のへたりは当然なのですが、
問題はへたりではなく「へたりの回復」が見込めない事です。

もしかしてこの問題は手芸店の綿でも発生するのでは?という懸念が出たので
手芸店の普通の綿でも試作したところ100均の綿と同様の結果に。

これはいかん・・・!!

と半ば絶望に近い気持ちになりながらも何とかへたりにくい綿を発見。
少量買いが出来ないのでこの綿の購入は賭けでしたが結果は満足できるものに。
画像は無いのですが、本製作に使用した特殊加工された綿だと
試作品を1週間ほど使用した後に解体して取り出したところ
ほぼ元通りのフワフワさに復元したので一安心。

尚、この特殊加工綿は水洗い対応です。
洗剤、柔軟剤使用の洗濯テストは2度ほど行い特に問題は無かったですが
洗剤等使用での洗濯が全く影響を及ぼさないと断言も出来ません。
一応、ネットに入れての水洗いを推奨しております。

歴代試作品の一部
多用途クッション試作1



最後にどうして2個1組になったのかと言うと、単純に1個だと
肘を受け止めきれないからです。
と、ここで第二ヒントとなるものがコレです↓
hiji_item28.png
ソフトクリーム・・・ではなく
「ソフトクリームスタンド」

例えばこのソフトクリームを置いておくのにコップ等に立てかけると
コーンの先端に負担がかかり、潰れる可能性もあります。

ソフトクリームスタンド=多用途クッション
ソフトクリーム(コーンの先端)=腕(肘)

なのです。

肘を空中に浮かせてとどめ、デスク板面に当たる負担を減らす。
これが多用途クッションの仕様の根本です。

また、この状態にするためにはどうしてもクッションを2段使用する必要があるのです。

これを1個で済まそうとするとクッションの厚みが必要になり
厚くするためにはかなりの直径になり巨大化してしまいます。

また2個1組だと個別に使えたりと用途の幅が広がります。


・肌への当たり(特に摩擦に対する)が優しい生地
・へたりにくい特殊加工綿の使用
・水洗い可能

なるべく長く使えるように工夫して製作しました。


category: primp関連

thread: 制作日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2017/04/13 Thu. 17:57  edit  |  tb: --  cm: --