07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

釦ノミの有用性 

釦ノミは釦ホールの穴(切り口)を開けるための道具ですが、
何故か本来の用途以外で大活躍してます。

以前、ノッチの切り込みで使用している事は書いたと思いますが
今回はまたちょっと違う使い道をご紹介。


それは「角の裁断」です。
角切り込み1
裁ち鋏だと生地が持ち上がることによってずれるので今までは
ロータリーカッターでギリギリいけるとこまで裁断して残りは上の写真のような
カッターを用いていました。

しかし角のきわから普通のカッターのように切ろうとすると生地が少し
引っ張られるのでこの方法もずれてしまう可能性があります。

また刃の形状に合わせて少しローリングさせるように押し切ればずれる事は無いですが
このカッターはワンタッチで刃の出し入れをする事が出来ないので非常に面倒なんです。

そこで最近気づいたのが釦ノミ。

これだと生地が動くことなく角の裁断が出来ます
角切り込み2角切り込み3
ロータリーカッターでいけるところまで切った後に釦ノミで角の裁断という方法。


釦ノミなんて今はリッパーあるし昔の遺物(笑)と侮る無かれ。
なんだかんだで釦ホール開けるにしても切りすぎるとか失敗は無いですし。
(リッパーでホールを開ける場合、待ち針をストッパー代わりにしても
僅かな隙をすりぬけて切り裂いてしまう事もある)


そんな訳で本来の用途以外にも絶賛大活躍中の釦ノミのお話しでした。



category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/02/05 Thu. 21:43  edit  |  tb: --  cm: -- 

消耗品の交換は大切 

まだまだいけるんじゃないの?と結構ズルズル長い間使いがちな
洋裁の消耗品たち。
色々あるけどミシン針、カッター類の刃はまだ使える事も多いので
ついつい交換が遅れがちになります。

でも「使えてる」のと「使いやすい(使い心地がいい)」とは別物。

ロータリーカッターの刃は切れ味が落ちてきても
ビニール素材や合皮等は結構いつまでもスパスパ切れたりします。

なので長期間合皮を切ってて、ある時ふと布帛を裁断しようとすると
何箇所も繋がってたりして裁断ミスにつながる事も。

型紙を待ち針でとめてる分にはまあいいのですが、文鎮等の重しで
型紙を固定して裁断する場合に、1ヵ所というか糸1本でも切断しきれず
繋がっていると裁断途中で向きを変えたり切落とした部分を取り去ろうと
した時に引っ張られて生地が持っていかれて型紙からずれて
「うおおおおおおん!!」
てな感じで悲劇になる事も。


また、グググッと力を入れれば一応裁断できますがカッティングマットに
食い込んだりするので要注意。
食い込んだ生地を移動させる時に剥がすのと同じ感じになるので
その際に生地端がほつれたりします。
切れ味1切れ味2
すぐ縫製するならまだいいのですが別の日に裁断とかになると
生地の移動、保管の際にますます生地端がほつれてくる事もあります。

刃の切れ味が悪くなると必要以上に力は要るし綺麗に切れなくて
生地端がボロボロになるし良い事ないので、まだ使えそうと思っても
素直に交換した方が良いです。

まあこれは自分に言い聞かせてるんですけどね。

ついついまだ使えてると思ってストレス感じながら作業してしまう。
反省反省。


category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/12/24 Wed. 19:09  edit  |  tb: --  cm: -- 

ミシンのメンテ中 

昨日ミシン3台(ブラザーフェリエⅡ、糸取物語、トルネィオ)を
いつものミシン屋さんにメンテのために持ち込み。

トルネィオについての疑問点を聞いたり色々話をしている
流れの中で、いつ壊れたり止まったりするか分からないけど
これで良ければ、という事で古い職業用ミシンを
譲って頂ける事になりました。


ヌーベルSP1
ブラザーヌーベルクチュールSP
かなり古い物のようで電源スイッチは無く、プラグの抜き差しでON/OFF。


ヌーベルSP4ヌーベル試し縫い
送り歯上下調節ダイヤルはピクリとも動きませんが、
シフォン等の薄地から合皮、様々な生地厚のニット地などを
縫っても特に問題なし♪


ヌーベルSP5
糸切り装置はついてませんが、何と言ってもニーリフトが嬉しい。
1つのアイテムを大量生産するわけではないので糸切り装置は
無くてもOKというか鳥の巣問題を考えると無くても平気。

しかしこのニーリフトが有ると無いとでは天と地の差ですよ。
足で押さえを上げるので両手がフリー!!
あ~もうこの便利さは異常すぎる程便利です。


古くてもとても良いミシンです。
これでしばらくは家庭用ミシンはボタンホールやジグザグ縫いの
ためだけになるので待機ミシンに。

さあ、メンテ中のミシンが戻ってくるまでにミシン台や作業台を
片付けないとね~



category: 洋裁道具・小物関連

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/12/05 Fri. 00:19  edit  |  tb: --  cm: --