05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

細部までキッチリと 

縫製→アイロンの流れは基本的に無視してはいけません。

縫い目を安定させ、縫い代をキッチリ割る(倒す)。
ちょっとした事ですがこれをするかしないかで出来上がりの見た目が
かなり変わってくる場合もあります。

見えない部分ならいいですが仕上がりに影響する部分はちゃんとしないと
みっともなくなってしまいます。

アイロンの必要性2アイロンの必要性1
シフォン生地の袖口(三つ巻き始末)です。
アイロンをかけないと一部ビロンビロンと裏返ったりと不恰好(左)。
アイロンをかけるとカチッと綺麗にきまります(右)。


私も初心者の頃はとにかく早く完成させたい一心で、こういうちょっとした過程を
とばす事が多くありました。
最初の頃は芯地を貼る事さえしませんでしたからね。
(パターンを習う前の本当に洋裁始めたばかりで洋裁本の型紙でちょこちょこ
作っていたような時期ですけど)


縫製の合間合間のアイロン作業や縫製前のしつけなどは面倒と思っても
ちゃんとやると綺麗に仕上がるので気持ちいいです。


category: 一般服関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/01/13 Tue. 20:43  edit  |  tb: --  cm: -- 

三つ巻きの不安定さ 

折り幅が極小の三つ折りだと三つ巻き始末にする事が多いと
思いますが、三つ巻きってなかなかどうして生地によって難易度が
かなり違ってきますよね。

薄手布帛(ブロード)くらいが1番やり易い。
シフォン等の極薄地も布帛である以上まだ縫いにくいとまで言えない。
(職業用ミシンだと薄物専用針板があれば問題なく縫えます)

しかし厚地になると細幅三つ折りはほぼ無理。
でも単純に薄地だからと言って全ての素材が縫いやすいわけでもない。

薄地でも目の詰まってない粗い生地(リネンとかガーゼとか)は
なかなか三つ巻き始末が難しい部類ですよね。

職業用ミシンだと三つ巻き押えも幅別で色んな種類のがあるので
アタッチメントさえ揃えれば中厚地くらいまでなら多分大丈夫だと思いますが。
(ただし個々でかなりのお値段のものもあるのでアタッチメントを揃えようと思うと
結構な出費になりますが)

で、今ニット地を集中的に触っているのですがニット地もまた生地によって
三つ巻き始末の難易度がてんでばらばらなので始末に困る事も。

薄手ニットを2種類試し縫いしたのですが
ニット地三つ巻き1ニット地三つ巻き2
かなり薄手の花柄ニット(左)は失敗率がかなり高くて、普通の紫薄手ニット(右)は
安定して三つ巻き始末が出来ます。



ニット地三つ巻き3
こんな感じで縫い始めはほぼちゃんと縫うことが出来ない・・・。
針が針穴に多少落ち込みやすいので縫い目も不安定で不細工。
そこまで生地厚は違わないのだけどこれだけの違いが。


いずれにしろ三つ巻き始末はいつまで経っても100%自信があるとは言えないです。

ロックミシンがあるのでメロー始末にすればいいんだけどニット服の縫い合わせも
ロックでやるのでその都度普通縫いと巻きロックの切替するのが非常に面倒なので。

三つ巻きは一生苦手意識が無くならないんだろうなあ・・・


category: 一般服関連

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/12/21 Sun. 19:58  edit  |  tb: --  cm: -- 

ニット地の腋ジワ消去(削減) 

ニット服に付きものの腋ジワ。
ニットは伸びるから着られるといえば着られるけど仕上がりが
マズイのはいかがなものか。

とあるサイトにあったTシャツの腋ジワ画像を見て
「そうそう、コレ何とかならんもんかねえ」
と思ってたら、文化服装学院関連のページだったので
「本持っとるやんけ!!」
となって、文化ファッション大系シリーズから特殊素材のを
引っ張り出して色々考えながらパターン作成に着手。

サイトには汚い腋ジワ有りの状態と適正なパターンで引かれた
腋ジワの無い綺麗な状態の写真が載ってました。
そうそう、こういうのが引きたいんですわ

そのサイトがコチラ


パターンを習ってた時に口頭で質問した事はあったけど
ニット地のパターンをやった事はなく想像の延長上で何とか作成。

まず、口頭で聞いた回答を基に最初に作成したのがコレ↓
(この時はまだ本は参考にしていません)
初回パターン2初回パターン3
見事な腋ジワ発生。


で、本を参考にしつつも自分なりに考えて引いたパターンでのサンプル↓
2回目パターン12回目パターン2
はい消えたー。

無理に引っ張ったりシワを無くすようにへんな体勢やポーズはしてません。
とは言えまだ大いに修正の余地あり。
(厳密に言うと生地厚が違うので正確な比較は出来ないけど)

あと、袖は大修正が必要と判明。

まだまだ続くんじゃあ・・・

category: 一般服関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/11/10 Mon. 23:40  edit  |  tb: --  cm: -- 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。