09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

トワルと実際の生地の違い 

服作りの一連の作業としては(私のね)




デザイン

パターン(製図)

シーチングにパターンを写したものをボディに着せつけ(基本は半身、
場合により両身)

ボディ上で修正箇所があれば適当にピンを打ち直したりペンで印をつけたりする

修正がある場合はパターンを修正(この修正が大幅改変の場合は再度トワル組直し)

工業パターン化(裏地付きの場合は裏地のパターンも作成)

裁断・縫製


という感じ。

自分でパターンを引く場合はトワルと実際に使用する生地の性質の違いを
大いに考慮しないといけません。

厚さ・目の詰まり・織りなど。

でないとトワルでは良い感じだったのに実際の生地で作るとアレ!?みたいな。
その逆もまたしかり。


実例

<トワル>
トワルと実物1トワルと実物2
フレアスリーブのトワルです。
袖が完全にピンと立っちゃってフレアも殆ど出てません

トワルと実物3トワルと実物4
手で成形して仕上がり予定形状に近づけてみる。


<実際>
トワルと実物5トワルと実物6
実際の生地だとちゃんと手を加えなくてもこのように綺麗に波打ってます。
この実際の生地はかなり薄めで柔らかい生地です。
(大きめの形状の袖を折っているので二重になっています)


トワルと実物7トワルと実物8
二重にしてた先程の袖を元に戻したもの。
トワル(シーチング)だと実際の生地よりハリがあるのでこのように
綺麗なフレアが出ない筈。

ここで実際の生地だとどうなるか想定出来ずにトワルでこのくらいフレアが出るように
しようとするとフレア分量が入りすぎる事になるでしょう。



パターンは製図(線引き)だけ出来ればいいってものではないのです。


category: パターン関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2012/07/09 Mon. 18:15  edit  |  tb: --  cm: 0  

数ミリの違い→欠陥 

ちょっと前にワーキングシャツ風ワンピをサンプルで製作。
(ワンピというより逆にワンピ風ワーキングシャツの方が近いかも)

その欠点がコレ↓
衿付け位置 001衿付け位置 002
台衿の釦位置がwww


衿付け位置 003
台衿の釦同士を合わせると身頃の第一釦位置が合わず身頃もズレます


衿付け位置 004
かと言って身頃第一釦同士を合わせると台衿の釦位置が合わず、
衿が重なってしまいます。


パターンが分からない人はコレを修正しようとするなら多分
そのまま並行に釦位置をずらすのではないでしょうか。

でも、パターンは台衿の持ち出し巾が合っているため単純に
並行にずらしちゃうとパターンがおかしい事になってしまいます。


修正はこのようになります
衿付け位置 005衿付け位置 006


たった数ミリの違い。
趣味で作って自分で着る分にはまぁいいでしょう。
台衿釦も第一釦も閉めないで開けて着る分にもまぁまぁいいでしょう。

しかしこれが製品となると重大な欠陥です。

片身のトワルでは気づかなかったこのミス。
実際に作ってみたからわかった事。

サンプル製作って大事な工程です。

既製服製作の現場ではこのサンプル製作も数回繰り返す事もあると思います
(企業パタンナーではないのでそこら辺は詳しく知りませんが)


1mm以下で修正を行うパタンナーさん達にとって2mmとかの誤差はとんでもなく
大きいものなんです。


ちなみに全体図はこんな感じ
ワークワンピ1ワークワンピ2ワークワンピ3
生地が足りず、別の色の生地を使用。
こうやって見るとバイカラーでもアリだな。
(1枚目はリボン・ベルトの代用品としてネクタイを通してます)

衿以外にも修正するところが沢山あるので、いつかまた別生地で作る予定。



category: パターン関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2012/07/05 Thu. 23:59  edit  |  tb: --  cm: 0  

アパレルCAD 

今月上旬にアパレルCADの講習(2日間)に行ってきました。

作業効率を良くするためにはCADが必須なのでいつかは導入を、と
思っていましたが一般的なアパレルCADはウン百万とか余裕でしたりします。

ずっと使う物だとして初期投資と考えても明らかに高額。

CADのことをチラホラと考え出していた頃にオペラ(私が通ってたスクールね)の
Mixiコミュで、とあるCADの存在を知りました。

それが

東レの人人人(hitoto)

クラウド型で従量課金制なのです。
つまり携帯電話の定額制みたいなもん。

この先何十年も使うならシステムを買ったほうがいいのですが、
とりあえずしばらくはこの方法がいいかなと。


hitoto.jpg


機能や操作をまだ完全に把握した訳ではないので四苦八苦しながらですが、
何とかアイテムを引いてます。

講習の時に講師と「慣れるまでは手引きより時間かかるよ~」と言われて、
自分でもキャンペーン中の3ヶ月で慣れればいいかなぁと思ってました。

でも自分に負荷をかけて頑張ってみた結果、今日の時点で1アイテム
引く事が出来ました!(まぁ、指示とか色々不備はまだまだあると思うけど)

当初思っていたよりも早くマスター出来そうかも?


東レのhitoto⇒http://www.toray-acs.com/

category: パターン関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/11/22 Tue. 18:39  edit  |  tb: --  cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。