10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

脇汗パット付き下着の考察(その2) 

*元記事(アメブロ)作成日:09/07/21*

前回「汗を吸い取る事こそが重要」と書きましたが、
それは腋臭の原因と関係があるからです。

まず・・・<腋臭の原因>
腋臭臭の原因は腋窩部のアポクリン腺から
分泌される汗が原因ですがそれ自体は無臭です。

しかしその汗が皮膚上に分泌されると皮脂腺からの脂肪分や
エクリン腺からの汗と混ざり、それが皮膚や脇毛の常在細菌により
分解されると腋臭臭を発する物質が生成されます。 
脇汗2-1
ならば「皮膚の汗を放置すると
腋臭臭が発生する」

と言う事になると思います。


脇汗2-2キャミソールなどを着ても布が腋の奥まで
届かないので腕を体につけた状態では
汗が皮膚と皮膚では挟まれている
(常に皮膚の表面に汗がある)状態に・・・

この状態が続くと腋臭臭が発生するのでしょうね。


脇汗2-3
要は脇汗を皮膚から吸い取り、
皮膚表面に汗を溜めなければ
腋臭臭が発生しにくいのではないでしょうか


だからこそ「汗を吸い取る事」が重要だと思います。

でも脇汗パット付きのインナーで汗を吸い取ってもパットは脇にくっついているので
「汗をかいた皮膚」も「汗の染みた脇パットが皮膚につく」のも一緒なのでは・・・・?
と思いきや!!これは私の個人的な体験の感想ですが、これが何故か違うんです!

夏に家でキャミ1枚で過ごしてると、そのうち脇がちょっと臭ってくるんです。
(私は元々腋臭はほとんど無いのですが、加齢により・・・w)

拭いても拭いても暑いとやっぱり汗かきます。拭いてもしばらく経つとやはり臭いが・・・

ところが、袖ありタイプの脇汗パット付きインナーを着てると
ほとんど臭いが発生しないのです(全く発生しないわけではないです)。

汗を吸い取るのが大切と言っても服に直接汗が染み込むと
黄ばみになったりするのでインナーを着ずに白いTシャツとかは危険です♪

脇汗2-4腋臭が気になる方はしっかりと脇汗を
残さずに吸い取る事ができる脇汗取り
パット付きインナーを着ましょう(‐^▽^‐)

(左図では説明のため生地が肌から離れて
ますが実際には肌との隙間が出来ない
ピタッとフィットするものがいいですよ♪)

ここで1つ重要な事は「肌に密着するという事」
これはまた後編での内容に関連してきます。
後編は「冬こそ脇汗取りインナーが活躍」です~♪

ところで「そんな汗かきポイント全部カバーできるインナーだと
袖も長めになるから、袖の短い服が着られないじゃないの!!」と思う方もいるかと・・・

これについても私なりのちょっとした考察があるんですが、
長くなるし別の考察に関連するのでいつかまた・・・

腋臭は個人差もあり、気になる方はご参考になれば幸いです。
(科学的に実験・実証したわけでもないのであくまで個人的な感想です)

あっ、そうそう「制汗スプレー」なんですが・・・

個人的に意味が無い気がします。
夏の暑さでは汗も止まらないですし、それだけの量の汗の臭いを
スプレーではとてもじゃないけどカバー出来ないと思います。

汗って皮膚内部から出てくるもので、外からスプレーかけて汗を抑えるって
無理なんじゃ・・・(ロウでも塗って毛穴塞がない限り)

汗を抑えたかったらずっと涼しい場所にいるのが一番かと(-。-;)

ところで最近いい脇汗取りパット付きインナーを見つけて買いました♪
着心地も軽くて汗かきポイントもしっかりカバーしてくれます。
http://estyle.gunze.co.jp/products/detail_6070_CH2352E.php
こちらも良さそうなので次回はこれを買ってみます(2分袖の方です)↓
http://estyle.gunze.co.jp/collection/coolbiz_l.php

汗脇パット付き下着の考察(その1)    汗脇パット付き下着の考察(その3)

関連記事

category: ファッション考察

thread: インナー・ランジェリー

janre: ファッション・ブランド

Posted on 2009/10/13 Tue. 20:42  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。