05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

細部までキッチリと 

縫製→アイロンの流れは基本的に無視してはいけません。

縫い目を安定させ、縫い代をキッチリ割る(倒す)。
ちょっとした事ですがこれをするかしないかで出来上がりの見た目が
かなり変わってくる場合もあります。

見えない部分ならいいですが仕上がりに影響する部分はちゃんとしないと
みっともなくなってしまいます。

アイロンの必要性2アイロンの必要性1
シフォン生地の袖口(三つ巻き始末)です。
アイロンをかけないと一部ビロンビロンと裏返ったりと不恰好(左)。
アイロンをかけるとカチッと綺麗にきまります(右)。


私も初心者の頃はとにかく早く完成させたい一心で、こういうちょっとした過程を
とばす事が多くありました。
最初の頃は芯地を貼る事さえしませんでしたからね。
(パターンを習う前の本当に洋裁始めたばかりで洋裁本の型紙でちょこちょこ
作っていたような時期ですけど)


縫製の合間合間のアイロン作業や縫製前のしつけなどは面倒と思っても
ちゃんとやると綺麗に仕上がるので気持ちいいです。


関連記事

category: 一般服関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/01/13 Tue. 20:43  edit  |  tb: --  cm: --