09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ロックミシンの縫い代 

ロックミシンの縫い代について気づいた事があります。

2本針4本糸で縫製した場合の縫い代は、表縫い目が上になるように
自然に倒れやすい傾向があるようです。

ロック縫い目倒れ1ロック縫い目倒れ2ロック縫い目倒れ3
右端の写真はアイロンをかけたりせず両方の生地端を持って
左右に軽く引っ張っただけの状態です。

ルーパー糸に一般的なウーリー糸を使用
ただし、1本針3本糸では検証していません。
また私が使用しているロックミシンは糸取り物語で他種、他社の
ロックミシンではどうなるのかは分かりません。


新アイテムの製作中に上記の現象に気づいたんですけどね。

ニット(カットソー)は伸びもあるし、ただ縫い合わせてるという簡単そうに見えて
仕上がりを考えるとどんな縫製仕様、手順でもいいという訳ではないようで。

縫い代のゴロつきにも関わるので着心地なんかを考えると
こういった小さな要因も無視できないなと痛感。


裾や袖口で縫い代をどちらかに倒して直線ミシンで1cほど押さえ縫いをする場合に
自然に倒れる方向と逆に倒して縫うと、途中で縫い代が立ち上がってしまうので
タイトフィットな服の場合はその部分が当たってゴロつきが気になってしまう事も
あるかも知れません。

直接肌にあたるインナーの場合は最重要注意事項の1つではないかと思います。


カットソーなんてロックミシンでダダッと縫うだけの簡単そうに見えて
意外と奥が深くて難しいものだな~と商品作ってて痛感しました。


関連記事

category: 一般服関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/06/24 Tue. 09:55  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。