09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

押えの違いによるニットステッチ伸度比較 

ニット地縫製で分厚い部分を縫うのにウォーキングフット使ってて
途中途中で押さえを交換するのめんどくさいなーと思ってたんだけど
よく考えたら普通の押さえ(透明ジグザグ押さえ)もウォーキングフットも
ジグザグとかの横振りに対応してるからウォーキングフットのまま
縫えばいいのかと気づいた。

で、ウォーキングフットのままニットステッチをかけてたら・・・

何じゃコレほとんど伸びねー!!
昨日までちゃんと伸びてたやんけ!!


ってくらい縫い目の伸びが悪くて「?????」って1分くらいパニクッた後に
「押さえか?押さえげ原因か!?」となり、普通の押さえに替えてニットステッチを
かけたところ

伸び~る伸び~~る

やっぱり押さえが原因と確信したので早速比較検証用写真&動画撮ってみた。

比較のためにそれぞれの押さえでニットステッチをかけてみる。
ニットステッチ比較1ニットステッチ比較2
使用生地は40/1の綿95Pu(ポリウレタン)5のベア天です。


これをそれぞれビヨ~ンと伸ばしてみる↓

これ以上伸ばすと糸が切れるというところまで引っ張ってます。

伸び方が全然違うでしょ?

ちなみに普通の押さえとニット地縫製ではよく使うテフロン押さえでも比較してみたけど
テフロン押さえで縫った場合も普通押えより若干だけ伸びが少なかったです。

押えによって縫い目に影響を及ぼす事もままあるようですね。


関連記事

category: 試作・実験

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/06/22 Sun. 22:44  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。