07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「必ずしも~とは限らない」「一概には言えない」事もある 

ミシン針について今日発見した出来事から一言。

「○○用針」が一番適切とは限らない場合もある

というのも、ここ最近ずっと合皮を縫ったりしてますが
合皮という事でレザー生地用のミシン針を使用してました。

オルガンはミックスパックしか無いため、14号の針だけ欲しかった私は
シュメッツのレザー用ミシン針を購入。

特にオルガンと大差は無く家庭用ミシンで普通に使えると聞いてたので
今日はじめて使ってみました。


で、縫い終わって見てみると…


「何これ…!?」

という事態に。



ミシン目の生地が剥がれている・・・。


いやいや、コレはあかんぞとオルガンのレザー針で縫うとマシに。
気になったため、一応通常のミシン針でも縫ってみると↓

シュメッツとオルガン1

一目瞭然

シュメッツのレザー針が一番酷いようで(悲)
そして以外にレザー用ではなく通常の針が一番キレイっていうね。

シュメッツとオルガン2
紐状ではなく2枚重ねの状態で縫いテスト。やはり紐の時の同じ結果に


合皮は表のコーティングと裏基布が生地によって様々なので
「皮革には皮革用針」というのは当てはまらない事もあるようです。


今回シュメッツ針がNGだったわけですが、これはこの生地に合わなかっただけです。
特に布帛一般生地なら何の問題も無いと思われます。(誤解のないように)

合皮の場合、このような生地表面コーティングの剥がれは物凄く目立つので
ミシン針選びは慎重になります。
また、合皮などを家庭用ミシンで縫う場合に最速で縫うのはこの生地剥がれを
起こしやすいので注意です。




余談というかついでですが糸の写真も撮ったのでどうぞ↓
スパンとフィラメント
スパン糸が短繊維の集まりでフィラメント糸が長繊維の集まりという事が
よく分かりますね

今は合皮を縫っているので滑りの良いキングテトロンを使っていますが
これもどちらが良くてどちらが悪いとかじゃなくてそれぞれ用途に合わせて
選ぶと良いです。


しかしここに来てまさか普通の針が一番適してるとは思わなんだ。


○○用針とあっても妄信しちゃダメだね。
試し縫い大事。



関連記事

category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2013/04/19 Fri. 16:44  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret