05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

テフロン押さえの限界 

滑りの悪い生地などに効果がある「テフロン押さえ」。

しかしながら万能に近いミシン押さえとは言え、限界はあります。
先日エナメルと合皮の縫い合わせ(試し縫い)で縫製トラブルが発生。


テフロン押eの限界1 テフロン押えの限界2
表側は一見何事もないかのように見えますが裏返すと・・・

めっちゃシワよっとる!?


テフロン押えの限界3
進みが悪く詰まってしまってるので縫い目の大きさに差が。


ミシン針にシリコンスプレーを塗布、ミシンの圧力も弱くして縫い目も大き目で
テフロン押さえを使用。
勿論貼り付き易いエナメル側を上にしており、下側になる合皮も滑りの良い生地です。

それでもこうなっちゃうんです。

ちなみに縫い目設定はどちらも少し粗めの3.5です。


で、結局押さえを「ウォーキングフット」に変えたら無事解決。
(写真の下側に写ってる方の紐ね)


ウォーキングフットはコレね↓
ベルト3

エナメルのような生地まで行くとテフロンはあまり効かないですね。
縫えるっちゃあ縫えますが縫い目が詰まって汚いし進まないし
今回ののような別素材同士で縫うとギャザー寄っちゃったり。


コスプレ衣装なんかはエナメルなどの特殊素材使うことが多いので
ウォーキングフット持ってても損は無いと思いますよ。


最安値店でも2000円以上(店により価格はまちまち)しますが
とても便利でエナメルやビニール縫うのに重宝してます。


関連記事

category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2013/04/16 Tue. 17:13  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret