09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ハンドプレス打駒に新しい仲間 

今製作を試みているアイテムがあり、その試作のために
ネット・実店舗を探し回って色々と資材を買い集めてます。

その中でカシメとドットボタン(いわゆるジャンパーホック)を使うのですが、
先日試し打ちしたところ、私の性根ですか?っていうくらい歪みました(笑


それがコレ(ドットボタンのみですが)
打ち駒テスト4
割れるわ(右)潰れるわ(左)ずれるわ(赤線)で\(^o^)/
左は1回取り外そうとして工具でガリガリやってるので青枠部分が余計ひどい。
でもコレは生地を重ねてないので生地厚が若干足りなかったのも原因の1つ
だとは思いますが。

両面カシメも実は失敗しております。

本製品で失敗は痛いし何より単価は低価でも
失敗率が高いと地味にコストに響いてくる。


そこで私は決断した。


「ハンドプレスの打駒買おう!!」


でもね、打駒って結構お値段するのよね。
しかもサイズ毎で決まってて「何mmから何mmは併用」とか出来ません。

カシメにいたっては同じ小カシメでも片面と両面で専用駒になり
片面には片面用の打駒、両面には両面用の打駒が必要になるので
全種類全サイズ揃えようと思うと凄い金額になります。

まぁちょこちょこ揃えていく感じになりますわな。


今回のアイテムで使用予定のパーツは
ドットボタン7070と小カシメ(片面)とハトメ(内径3mm)。

電気ハトメの打駒は既に持っているので、ドットボタン7070用の駒と
小カシメ片面用の駒を購入。
打ち駒テスト1打ち駒テスト2
左がドットボタン7070用駒、右が小カシメ片面用駒。
ドットボタンは凸凹なので4つ1組。


そして届いてすぐに試し打ち
打ち駒テスト3
あらキレイ♪素晴らしすぎて涙出そう。
そして静かなので夜中でも余裕で作業出来る。

ハトメやカシメくらいならアレですが、ドットボタンくらいになると
単価の関係上、失敗を出したくないもんで・・・。


実は最初、駒を買うのを非常にためらってました。
しかしようやくドットボタン7070用の駒を扱うお店を見つけて
やっぱ買うしかないか~と思いつつ値段を考えると、
手打ちでしばらく我慢するかと悩んでいたところ、


そのお店より2000円くらい安いお店を発見!!

これ買わへんかったら男やないやろ!!と思って(いや私女だけど)
その日の夜にポチりました。


そのお店はコチラ↓

レザークラフトフェニックス

大阪の会社なのね。しかも場所的に行きやすい(梅田とかだったら泣く)。
今度機会があったら行ってみたい。

ドットボタンの7070は本当にそれ自体扱ってる店が少なくて
当然7070用駒を扱ってる店も少ないわけで。

いやー助かった。
まぁドットボタンはハンズで買ったけど。
ボタンの値段はハンズが1番安いけど買いに行く交通費考えたら
ネットで買った方が最終的に安いからなー。

花粉症だから外に出なくてもいいしネットショップは。

ハンドプレスは1度使うと手打ちに戻れなくなるほど快適です。
が、本体はともかく駒を揃えようとすると結構な額になるので
仕事や量産前提じゃないと厳しいかもです。


さ、次は合皮の手配やーーーーー


関連記事

category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2013/03/12 Tue. 14:48  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。