10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

「出来るかな?」じゃなくて「やってみよう」 

作った事の無いものに挑む。

そんな時って「上手くいくかな~」とか「どんな方法でやればいいのか?」
などの不安がつきまといます。

その気持ちは分かる。うん、気持ちはね。


でもね、最低限自分で調べる事さえしないで「これどうやって作んの~?」と
人に丸投げする人は、仮に作り始めたとしても挫折するのもきっと早いでしょうね。


分からない情報を調べるとしても検索して5ページ以上調べないのも
調べるうちに入らないと私個人は思ってます。

分からないなら徹底的に調べる

調べても何となくは分かるが成功するか不安

とりあえず試作

解明・確立

これが私の流れ。


分からない、失敗が怖いと言ってモジモジするならやってみなさい、と。


頭では分かってるつもりと身についているのでは180度違います。

私がスクールに通っている時も、分からない箇所がある場合は
先生に聞く前にネットや本でこれでもかというくらい調べました。

また、説明されても「???」な時は実際に作ってみたりもしました。

おかげで自分の中では結構授業はよく理解できていたと思うし、
先生への質問は少なかったように思います。(あくまで自分の中では)


また、スクールを修了して仕事をしていた時も分からなければ
「調べる・やってみる」がモットーでした。


今までの試行錯誤の一例↓
部分試作 001
ローウェストスカートなどによく見られる構造。
ウエストが見返し始末(しかも裏地つき)のコンシールファスナーつけが
分からなくてシーチングで実験したもの。
手縫いでまつって始末という方法ではなく工業縫製(既製服)の仕様解明のため。


部分試作 002
授業にて比翼明きデザインを習っていた頃のもの。
比翼明きがいまいちハッキリと理解できなかったため、部分試作。


部分試作 003
ソーイングセミナーを受講していた頃のもの。
タイトスカート実製作の前に部分縫いの授業があり、様々なポケットの部分縫い。


部分試作 004部分試作 005
プリーツスカートのファスナーの付け方解明のため試作。
これに至ってはもう布(シーチング)ではなく紙を使ってますからね。



調べるまでは当然、それから更に一歩踏み込んで作ってみてください。


完成には至らない部分縫いのためにファスナーや糸や布(紙)が
勿体無いという人はお金をケチって知識をみすみす逃がしているのと一緒。

それじゃいつまで経っても本当に理解出来ません。

私が現在に至るまでに一番思い切った試作(実験)は
「ブラジャー(既製品)の解体」
です。

だって着用するわけでもなく、ただ壊す(解体)するためだけに買ったのですから。

でも、おかげでブラ形状のパターンの理解に大いに役立ちました。

私の中で、もの作りにおいて「調べるだけ」というのは努力のうちに入りません。
そして「一応調べたけど良く分からないので教えてください」も原則言いません。

あるのは「やってみたけど分からない」だけ。


次回の記事に載せるつもりの「タック袖(袖山タック)」もブラ構造の解明と同じ、
もしくはそれ以上に大変でした。

でも最終的に何回もの試行錯誤を経て構造解明に至りました。


「考えてもダメなら聞いてみよう」の前に「考えてもダメならやってみよう」でいこう!!


関連記事

category: 試作・実験

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2012/07/18 Wed. 22:58  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。