06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ハンドプレスと電気ハトメ 

洋裁ではお馴染みのパーツ「ハトメ」

通常、店頭で販売されてる一般の手芸用品としてのハトメは
最小で4mm穴のものしかなく、とある衣装で使用したかったものは
2mm穴タイプ。

ネットで調べたところ、最小穴の径が1.8mmのハトメを発見。
そういった一般的ではない内径がかなり小さいものを「電気ハトメ」と言います。

基本的には基盤(ハトメ基盤)に使用されるもので、座金はありません。

しかしながら目的の極小ハトメは見つけたものの、それに合う
打ち具・打ち棒がありません。

で、それらを取り付けるには「ハンドプレス」が不可欠な訳で…。


仕方がないので買いましたよ。

ハンドプレス 001ハンドプレス 003
左がハンドプレス本体、右は本体に取り付ける駒。

この駒がね~、実はハトメの内径毎に専用駒が必要でこれがまた高い。
大きさにもよりますが、私が買ったものは1組(上下2個セット)¥5000。

しかも必要な駒が2種類だったので駒だけで計¥10000!

本体自体は道具としてそんなに高いものではないんですけどね。
駒を全種揃えようもんなら軽く数万かかります。

ま、4mm以上のハトメは普通に手芸用品で打ち具セットあるので、
専用駒を買うのはそれ以下のハトメの場合だけですが。


ハトメ 001ハトメ 002
これが内径約2mmの電気ハトメ。



ハトメ加工のしくみ(過程)
ハトメ 003ハトメ 004
電気ハトメには座金はありません。

ハトメ 005
ハトメ 006
このように上から叩くとハトメの茎みたいな部分がグニッと押されて
クルンと外側に丸まる事で締め付けられます。


電気ハトメは座金がありませんが、ハンドプレスで押すとちゃんと
淵が丸まってキチンとなります。


ハンドプレス 小【日本製】

価格:12,800円
(2015/11/3 15:06時点)
感想(0件)


関連記事

category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/09/21 Wed. 14:04  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret