08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

接着芯比較 

少し前に接着芯を1反で購入しました。
接着芯比較1

で、今回の衣装で初めて使用する機会が訪れました。

で、使った感想↓

うほほ~い、違ぇ!!!

今まで使ってたのと基本的な仕様は一緒なんですが、全然違うのが分かる。

何がこの違いを生んでるのか気になったのでジ~ッと眺めてみました。

接着芯比較2

接着芯比較3

上半分が今まで使用してたもので、下半分が新しく購入したダンレーヌR111。
違いは…

①接着樹脂の粒が以前のものに比べR111は同じ範囲でも粒の数が多い。
 (ドットも若干小さい)

②縦糸・横糸の目もR111の方が細かい



もうかなり使い心地は違いますね。
で、「接着芯の本」という本を持っているのですが、それを見てると
ダンレーヌR111は薄手には向かないようなのですが…。

しかしそれはやはり発行が古い本。
しかも買うときに殆どの生地でOKだから買った気がする…と思ってお店の
HPで確認したらやっぱりでした。

「ダンレーヌR111 特殊ディスパーションドットタイプ(薄手表素材に対して問題となっていた接着剤の
「染み出し」「キラツキ」「樹脂当たり」の3点を大幅に改善したマイクロドットコーティング加工)

適する素材 薄手~中肉素材まで巾広く使用できます。
特長 新合繊~毛羽立った素材まで、安定した接着力です


ってちゃんと書いてありました。

ほぼオールマイティーな接着芯という事で。
勿論、特別に目的がある場合はそれに合った芯地を使いますけど。



関連記事

category: 洋裁道具・小物関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/05/19 Thu. 00:55  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret