10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ギャザー実験 

ギャザーを入れる場合はギャザー倍率を設定して引きます。
ギャザーは好きな分量を好きな場所に好きなだけ、自分が入れたいところに
入れて自由にデザインすればいいと思う。

ただし!

生地によってギャザーの入り方というのはかなり違ってきます。


2種類の生地で実験してみたよ。

使用生地はシフォン(A)とブロード(B)。どちらも赤色を使用。
以下、写真で説明しますが左がA、右がBとなってます。

①まず、どちらもギャザー寄せのために12cmしつけ糸でぐし縫い
ギャザー実験1   ギャザー実験9


②ギャザー倍率を1.2倍に設定、つまり10cmに縮める。
ギャザー実験3   ギャザー実験10

ギャザー実験4   ギャザー実験11
ギャザー倍率としては少なめですが、この時点で結構差がありますね。
ブロードはギャザーとして成り立つくらいシワが寄ってますが、
シフォンの方はギャザーというよりイセに近い感じで、あまりギャザーが入らず。

ギャザー実験5
離れて見るとギャザーが殆ど入ってないのが分かりますね。



③ギャザー倍率を1.5倍に設定、つまり8cmに縮める
ギャザー実験6   ギャザー実験12

ギャザー実験8   ギャザー実験13
ここまで縮めるとようやくシフォン地にもギャザーらしいシワが入ります。
一方ブロードはかなりギュウギュウ詰めな感じです。

ギャザー実験8   ギャザー実験14
うん、遠目に見てもちゃんとシフォン地もギャザーが入ってます。



このように、同じギャザー倍率でも素材によってシワの入り具合が全然違います。
大まかには生地の厚み・目の詰まり具合・生地の硬さなどの違いが要因です。


ですので素材の事もよく知っておかなければなりません。


裁断・縫製に入ってからミスったなぁと思った場合、
ギャザーを入れすぎな分には削る(減らす)事が出来ますが、
足りないとなると手の施しようがありませんのでご注意を。


関連記事

category: 試作・実験

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/04/29 Fri. 01:07  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。