06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

夏用トップス 

夏用トップスのサンプルがようやく完成。
チュニックブラウスとでも言うべきか分からないけど。

チュニックブラウス7チュニックブラウス8チュニックブラウス9
画像は全然加工してないので色合いがちょっと悪く見えますが。

完成までに至る過程の色々スナップ↓
チュニックブラウス5
衿元のバイアス包み始末部分が立ってしまうのが若干気になります。
が、あまりバイアスを引っ張らずにほぼ同寸で縫ったのでこれは仕方ないけど。

チュニックブラウス4
袖ぐり肩付近がちょいと不足気味なので8mmほど出して
赤線ラインのようにパターン修正しなくては。

チュニックブラウス3
袖ぐり始末をどうしようか色々と思案&試行錯誤。

チュニックブラウス2
アクセを付けるとどんな感じか試してみたり。

と、まあこんな感じで出来上がりに至る。




チュニックブラウス10
袖ぐりは結局バイアス包み始末にしました。


でも、あくまでサンプルなので本番はシフォン生地で作らないといけないので
大変そうと既に戦々恐々。

保険にと作ったので万が一シフォン版が期日までに未完成の場合は
このサンプル品で代用予定。


色的にも素材的にも形状的にも夏らしい服を持ってなかったので
これで今年の夏は何とか乗り切れるぜい!!

秋くらいまでなら下に薄手の長袖Tなどと重ね着してアレンジして
着られそう。


とりあえず保険品が無事完成して一安心。


スポンサーサイト

category: 一般服関連

thread: 制作日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/07/23 Wed. 19:42  edit  |  tb: --  cm: 0  

バイアステープの伸びテスト 

前回の記事の補足的な記事です。

通常バイアステープを自分で作る場合、45度で裁断します。
(ハーフバイアスは更にその半分)

でも今までバイアステープってそこまで伸びるか?と疑問に思ってました。
特に市販のバイアステープは硬くて扱いづらく素材のバリエーションが
あまり無いので本体(身頃)の生地と厚みや柔らかさなど合わない事も
多々有ります。

そんな中、先日生地在庫の中から見つけたストレッチ生地の
3cm幅くらいの紐状の裁断クズを見て「!?」となり、その場で
バイアステープメーカーを取り出してテープを作ったところ
「これは使える!使えるぞおおおお!!」
ってなりました。

なので今日普通の布帛生地をバイアス裁断したものとストレッチ生地を
横(伸びる方向)に真っ直ぐ裁断したもので作ったテープの伸度比較をしてみました。


<使用生地>
普通の布帛生地:ブロード(黄色)
ストレッチ生地:素材は不明(水色)
        生地厚はブロードとほぼ同じ
        (ブロードより0.1~0.2mmほど厚いと思われる)

①まずは普通の状態
バイアス伸びテスト3バイアス伸びテスト1



②(目一杯)引っ張ると
バイアス伸びテスト4バイアス伸びテスト2
伸び方が全然違います。

※ストレッチ生地といっても生地(組成)により伸度は違います。

きついカーブなどでは通常のバイアステープでは伸度が足りず
カーブに沿いきれない場合にヨレが発生したりするので
このストレッチ生地のテープくらい伸びるとそういう問題も
解消できます。


特に薄地では顕著にヨレが見て取れるのでノースリーブの袖口始末では
注意事項の1つになります。

バイアス失敗1バイアス失敗2
こんな感じのヨレです。


ただし上記画像のヨレの原因ははバイアステープの伸度不足ではなく
縫製手順の問題が非常に大きいです。

よく他のブログ等で見かけるのが肩も脇も縫い合わせて袖ぐりが
輪になった状態でのバイアステープ付けです。

このブラウスもその方法で始末しました。
今思うと何と未熟な・・・(約2年くらい前に製作)

解決策としては肩を縫い合わせたら脇は縫い合わせずに
先にバイアステープを縫い付けて、その後脇を縫い合わせるという
縫製手順で随分このヨレを解消できます。

セットインスリーブではなく、いわゆる「シャツスリーブ」の縫製手順と
同じという事です。

先に脇を縫い合わせて袖ぐりが輪の状態でバイアステープ始末だと
袖ぐりのカーブがキツイ部分でかなり縫製しづらい状態になるでしょう。
何とか縫えたとしてもカーブのキツイ部分もしくは無理した部分の
埋め合わせでどこかしら部分的にヨレが発生しやすいです。
(再度言いますが淡色の薄地だと目立ちます)


category: 試作・実験

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/07/17 Thu. 22:58  edit  |  tb: --  cm: 0  

ストレッチ生地の使い道 

伸びる生地といえばニットですが布帛でもストレッチのきいたものも有りますね。
ストレッチ生地はタイトめな服によく使われていますが、別の用途として使える事を
発見しました。

まあ既にやってらっしゃる方は多分にいるとは思いますがね。
私としては新発見だったので。

それは
ストレッチ生地をバイアステープとして使う
という事です。

通常、バイアステープを作る場合は45度に裁断しないといけないので
共布の場合は非常に用尺が必要になります。
しかも用尺のわりに三角の無駄な余りが出ますよね。

でもストレッチ生地を使うと真っ直ぐ裁断するので用尺的にも助かります。

ストレッチ生地でのバイアステープ作成

市販のバイアステープを買えばいいと思われるかも知れませんが
市販のものは硬いんですよね。
そして硬さゆえに意外とあまり伸びないですし
素材も豊富ではないので身頃の生地と合わなかったり。


ストレッチ生地がバイアステープ作りにも使える事が分かって
今度から安売りしてる時に色んな色を買っておこうかな~、と。

ただし、ストレッチ生地と一口に言っても組成は様々で
生地によって伸度が違いますのでそこは注意です。


category: 一般服関連

thread: ソーイング

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/07/17 Thu. 16:17  edit  |  tb: --  cm: 0  

意外な必需品 

洋裁とは全く縁の無いように思える道具も時には必要になる事も。

私の場合その1つが


針落ち位置確認1
ミニ懐中電灯。


LEDライトの停電時の非常用にいつもPC机に置いてあるやつです。


どんな時に使うかと言えば

針落ち位置確認2
生地を重ねて縫う時に針の位置を確認したい場合です。
画像は8枚接ぎの帽子の頭頂部の縫い合わせでの状況です。
縫い始めの針の刺さり位置を確認したいのですが上の布が
邪魔で影も出来るので見えません。


そこでライトで照らし出すというわけです。
針落ち位置確認3
針の位置がよく見えます。

しかし家庭用ミシンなので結構つらい。
片手で生地とライトを持ち(操作し)、もう片方の手で押さえを上げて
針の位置を調整しなければいけないので。
職業用ミシンならニーリフトあるのでこの作業をやりやすいのですが。


職業用ミシン購入までの道のりは遠し・・・


category: 洋裁道具・小物関連

thread: ソーイング

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/07/16 Wed. 01:37  edit  |  tb: --  cm: 0  

三つ巻き始末の練習 

昔作った服でかなり苦労したので未だに生地端(特にカーブ状の)始末に
苦手意識があって克服しきれてません。

で、また訳あって自分の服を作る事になり(しかも期限付き)
どうしてもカーブ状の生地端を三つ巻き始末しなくてはいけない事に。

ロックミシンでメロー始末というもっと簡単な手もあったんですが
三つ巻き始末よりビロビロと余計に波打ちやすく、
しかも硬さが出るので三つ巻き始末より少しフレアーが出て
ストンと綺麗に落ちてくれないんですよね。
あまり広がってほしくないので。

色んな生地のハギレで練習してましたが昔ほど失敗もしないし
そんなに苦手意識持つほどの事じゃないなと感じました。
色んな物を作ってきて昔よりは忍耐力と技術が上がったんだと思ってます。


三巻練習


シフォンはごまかしが効かないので緊張します。

パターンも出来たし資材の準備をしたいところですが
台風で天候が悪いので生地の買出しになかなか行けず(涙)



category: 一般服関連

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/07/10 Thu. 01:44  edit  |  tb: --  cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。