03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ギャザー実験 

ギャザーを入れる場合はギャザー倍率を設定して引きます。
ギャザーは好きな分量を好きな場所に好きなだけ、自分が入れたいところに
入れて自由にデザインすればいいと思う。

ただし!

生地によってギャザーの入り方というのはかなり違ってきます。


2種類の生地で実験してみたよ。

使用生地はシフォン(A)とブロード(B)。どちらも赤色を使用。
以下、写真で説明しますが左がA、右がBとなってます。

①まず、どちらもギャザー寄せのために12cmしつけ糸でぐし縫い
ギャザー実験1   ギャザー実験9


②ギャザー倍率を1.2倍に設定、つまり10cmに縮める。
ギャザー実験3   ギャザー実験10

ギャザー実験4   ギャザー実験11
ギャザー倍率としては少なめですが、この時点で結構差がありますね。
ブロードはギャザーとして成り立つくらいシワが寄ってますが、
シフォンの方はギャザーというよりイセに近い感じで、あまりギャザーが入らず。

ギャザー実験5
離れて見るとギャザーが殆ど入ってないのが分かりますね。



③ギャザー倍率を1.5倍に設定、つまり8cmに縮める
ギャザー実験6   ギャザー実験12

ギャザー実験8   ギャザー実験13
ここまで縮めるとようやくシフォン地にもギャザーらしいシワが入ります。
一方ブロードはかなりギュウギュウ詰めな感じです。

ギャザー実験8   ギャザー実験14
うん、遠目に見てもちゃんとシフォン地もギャザーが入ってます。



このように、同じギャザー倍率でも素材によってシワの入り具合が全然違います。
大まかには生地の厚み・目の詰まり具合・生地の硬さなどの違いが要因です。


ですので素材の事もよく知っておかなければなりません。


裁断・縫製に入ってからミスったなぁと思った場合、
ギャザーを入れすぎな分には削る(減らす)事が出来ますが、
足りないとなると手の施しようがありませんのでご注意を。


スポンサーサイト

category: 試作・実験

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/04/29 Fri. 01:07  edit  |  tb: --  cm: 0  

形状を考える 

全てとは言いませんが小さな装飾であっても時に精密なパターンが必要です。

例えばこのリボン↓
リボン
とってもシンプルなリボンです。
これを作ろうとする時どういうパターンを引きますか?



見た目はとてもシンプルですが…一般的に先を尖らせた
2枚の布を合わせて(重ねて)真ん中をとめる方法が思い浮かびやすいかな。


でも、
リボン仕組み
この方法だと写真のような形状にはならないんです。
(写真のリボンは手で無理やり綺麗に形を整えてるわけではなく
ポッと普通に置いただけの状態です)


このように仕事で衣装を作るという事はリボン1つでもシルエットへのこだわりが大切です。

ちなみにこのリボン、実は2枚同型ではありません。
上と下で違う形状のパターンなんですよ♪

category: パターン関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/04/23 Sat. 21:34  edit  |  tb: --  cm: 2  

肩パットの自作 

今回より授業で少し特殊な形状のJKのパターンを教えてもらう事になり、
それに伴い、まずは肩パットの作成から始まりました。

以前にJKの特別セミナーを受講していたので肩パットの作成自体は
分かってますが、なんせしばらく作ってないのでやはり1発ではうまくいかず。

それに加えて使用した素材がちょっと適当ではなかったので
次の授業に向けて家でもう一度作りますけど。


①まずは市販の肩パット(セットイン)の解体から
肩パット作成1
左が買ったままの状態、右は解体した状態。

②色々と手を加えて特別セミナーでやったように成形し直す。

③最終的にこんな感じ(断面図)
肩パット作成2
と言ってもこれはちょっと失敗なので作り直しますが、大体こんな風に。
*写真はまだしつけでとめていない状態*


このように時に肩パットから作成する事もあります。
衣装製作に関わっていると一般の服ではありえないものを作ったりします。

以前は肩パットならぬ「胸パット」を作った事もあります。
胸パットといってもブラジャーのパットではなく、男性の衣装で
大胸筋不足を補うための胸パットです。

一般服では運動量などを考慮しますが、衣装においてはまず見た目が最優先なので
一般服のパターンのセオリーが当てはまらない事も多々あります。


本当、日々勉強になる事ばかり。


category: 授業

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/04/22 Fri. 17:31  edit  |  tb: --  cm: 0  

浜フェス(2011年4月10日) 

本日の浜フェスは天気に恵まれて絶好の撮影日和となり、
レイヤー様、一般のお客様ともに大勢の方で海辺が賑わっていました。


私が浜フェスに参加し始めたのは去年の10月くらいからなので
今まで目にした事の無い数の人出でちょっとビックリしてたのですが
ボス曰く「ピークはこんなもんじゃないよ」。


浜フェス(2011-04-10) 003


浜フェス(2011-04-10) 004
暖かい地面(コンクリート)に横たわって日向ぼっこ中のチョコ。
すぐ近くではジン君がおやつ(豚の耳の干したやつ)をモシャモシャと
食べていました(食べるというよりしゃぶると言うかしがむと言うか)



イベントももう終わりの頃に素敵様を1組パシャリ

浜フェス(2011-04-10) 005
<*被写体様に写真撮影・ブログへの掲載の許可を頂いております*>

ちょっと閃いたので、ずうずうしくも構図とポーズをお願いしました。

あ、キャラはFF-Xのティーダ(ディシディア版)とユウナです。
うろ覚えだけど、ルカからミヘン街道に向かう途中の階段の踊り場的な場所で
指笛をするシーンがあったように思うのですが…。

一応それをイメージして。


でも普通にデジカメで撮っただけで、しかも画像編集ソフトとかは
無いので思いっきり背景が現実的すぎるけどねwww


お二方にコス名刺を頂き感謝です。


ところで今日ちょっとしたハプニングがあり、左足を若干負傷気味です。
というのも大型犬のジン君ともう1匹の大型犬が戯れていた際、
偶然に体当たり的な横タックルをくらって「ウッ」ってなりましたw

油断してたところに思いっきり入ったものだから、一瞬
「あ、骨いったかも」
なんて思うくらいの激痛がw

まぁ、その後普通に歩けたので骨折はないけどそう思うほどの衝撃でした。



そして今日はメイクの達人がいらっしゃっており、色々と話を聞けて
勉強になりました。
そこで私は人生初の「付けまつ毛」を体験しました。


いいな、コレ。付けるの簡単だし、いちいちビューラーしてマスカラする手間がなくて。


category: イベント

thread: *コスプレ*

janre: サブカル

Posted on 2011/04/10 Sun. 21:31  edit  |  tb: --  cm: 2  

お手拭 

手引きでパターンを作成していると指や手の側面が真っ黒になります。
いちいち手を洗いに行くのも面倒なのでそんな時はコレ。

手拭き

いや、だってウェットティッシュ高いもんw

赤ちゃんのお尻ふきって安いし、赤ちゃん用だから普通のウェットティッシュと
違って変に添加物とか入ってないし。





category: 洋裁道具・小物関連

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2011/04/06 Wed. 18:02  edit  |  tb: --  cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。