05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

結局やり切ったリメイク 

色々とミスをして修正ややり直しが面倒くさすぎると思って
放置を決め込んだワークパンツは、最後までやってやるという
気持ちが大きくなったので、結局やりきることに。

しかしリメイク続行を決めてからもちょいちょい小さいミスを繰り返し・・・


縫っては解きを1~2回したものの何とか完成。

パンツ裾リメイク3
散歩や近所への外出に丁度良いパンツに仕上がりました。


ビフォアアフター比較
パンツ裾リメイク1  パンツ裾リメイク3
天気や照明、撮影日も違いますので別物に見えますが(汗)



ボトムスはジーンズとワークパンツの改造により新品購入を回避できたので
あとはトップスを何とかしないとなあ・・・


商品も作らないといけないし、でも自分の物も作りたい。
いやいや、商品を優先させろっていう。



category: 一般服関連

thread: ソーイング

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/09/16 Wed. 12:42  edit  |  tb: --  cm: -- 

ゴムウエスト部分のウエスト直し 

先月下旬に手術を受けたのですがまだそこまで暑くなかったので
入院&術後の生活で肌寒い時用にと事前にスパッツを買いました。

苦しくないようにとサイズはかなり大きめのLLを購入した・・・はずだったのですが。
ウエスト直し1ウエスト直し2


何か苦しい・・・太ったわけでもないのに。
少しばかりの違和感を覚えつつも何度か着用してましたがやはり苦しい。

なので面倒くさいと思いつつ製作リハビリも兼ねてウエストを直すことに。


①まずは糸解きから
ウエスト直し3


②さらに糸解き
ウエスト直し4ウエスト直し5
折り込んであった部分をくるりんぱすると本体生地とゴムの縫い合わせ部分が出てくるので
そこもまた地道に糸を解いていきます。
※ここでルーパー糸をグイッと引いてしまうと悲劇ですw
  確実に地縫い糸だけを引いていきます。


ウエスト直し6
するとこのようにようやく生地とゴムが分かれます。



ウエスト直し7ウエスト直し8
ゴムと本体。
ウエスト直し9ウエスト直し10
ゴムは一周約62cmで本体ウエスト一周は約78cm。
おいおい、ちょっとコレは比率おかしくないですかねぇ・・・と疑問が浮上。



④新しくウエストゴムを用意
ウエスト直し11ウエスト直し12
元々のゴムに比べ柔らかく、より軽めの力でも伸ばしやすい白のウエストゴム。
サイズも大きめに設定してわっか状にして縫い合わせ。


⑤ウエストに縫いつけ
ウエスト直し13
ロックミシンで本体ウエスト端と縫い合わせます。

で、このあと内側に1回折ってカバステ(2本針)で縫います。



⑥完成
ウエスト直し14ウエスト直し15
ウエストサイズが大きくなり食事の時やいろんな体勢になっても苦しくなくなりました。




⑦番外編
夏空となりとても暑い日が続く今はこのスパッツは履いていませんが、
同時に買った女性用ステテコパンツが快適なのでこればかり履いてます。

が、よくよく思い出してみるとこのステテコパンツはサイズが「L」。
何故LサイズよりLLサイズが苦しいのだ!?

比較してみたら・・・
ウエスト直し16ウエスト直し2
やはりLサイズのステテコパンツ(花柄)の方がウエスト周りが大きい!!
※ステテコパンツは無改造です

改造前と改造後
ウエスト直し2ウエスト直し14

うむぅ、激安衣料品ならばあり得る事なんだろうか(悲)


で、もう一度サイズ表示を見てみよう。
ウエスト直し1
これは絶対ウエスト85cmの人は無理だろwwwってなりました。

元々入ってたゴムは少し硬めで引っ張るのも若干力が要る・・・という事は
確かに伸ばせばその寸法にはなるけどもウエスト85cmの人が履いたら
相当の締め付けが発生する事になる。


これはちょっとパターンの設定に問題ありすぎじゃないでしょうかねぇ?


服を買う時は必ず試着しましょうという教訓になります。

category: 一般服関連

thread: ソーイング

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/07/15 Wed. 14:27  edit  |  tb: --  cm: -- 

細部までキッチリと 

縫製→アイロンの流れは基本的に無視してはいけません。

縫い目を安定させ、縫い代をキッチリ割る(倒す)。
ちょっとした事ですがこれをするかしないかで出来上がりの見た目が
かなり変わってくる場合もあります。

見えない部分ならいいですが仕上がりに影響する部分はちゃんとしないと
みっともなくなってしまいます。

アイロンの必要性2アイロンの必要性1
シフォン生地の袖口(三つ巻き始末)です。
アイロンをかけないと一部ビロンビロンと裏返ったりと不恰好(左)。
アイロンをかけるとカチッと綺麗にきまります(右)。


私も初心者の頃はとにかく早く完成させたい一心で、こういうちょっとした過程を
とばす事が多くありました。
最初の頃は芯地を貼る事さえしませんでしたからね。
(パターンを習う前の本当に洋裁始めたばかりで洋裁本の型紙でちょこちょこ
作っていたような時期ですけど)


縫製の合間合間のアイロン作業や縫製前のしつけなどは面倒と思っても
ちゃんとやると綺麗に仕上がるので気持ちいいです。


category: 一般服関連

thread: 実用・役に立つ話

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/01/13 Tue. 20:43  edit  |  tb: --  cm: --